ラピスラズリ ルース  12月の誕生石 天然石 パワーストーン
  詳しくはこちらをご覧ください
お支払い方法送料について

  ご質問はこちらまで
*ご気軽にご質問ください

ホーム ルース > ラピスラズリ
商品一覧
ルース > ラピスラズリ
商品並び替え:




和名 青金石、瑠璃  英名 Lapis lazuli  
12月の誕生石

成分
ラズライト・アウィン・ソーダライト・ノーゼライトが
主成分 モース硬度 5 〜 5.5




ラピス(Lapis)は”石”を意味するラテン語、ラズリ(Lazuli)は
アラビア語の アル・ラズワルト ”al -lazward” が語源。
深いアラビアの夜空の色。


ラピスラズリはラズライト(青金石)を主成分とした混合鉱物です。

不思議な白い模様はカルサイト、

星空のようにキラキラと輝く、
散りばめられた金色はパイライトによるものです。

ラピスラズリの歴史は深く、

エジプトでは紀元前5千年ごろから
「天空と冥府の神 オシリスの石」として崇められ、

金と同じほどの、価値があったといわれています。

王族しか所有してはいけないとされた時期もあり、
ツターンカーメン王の黄金マスク、
棺にもはめ込まれています。



シルクロードを使って、東の果て日本にも運ばれており、
奈良の正倉院にもこの宝石を使った装飾品があります。

また、「瑠璃(るり)」は 仏教の七宝のひとつに数えられており、

そのことからも、
ラピスラズリは「世界で最初に認められたパワーストーン」だといわれています。


ラピスラズリ、最大の魅力は、やはり、その深遠な青色にあります。
この神秘的な青には魔よけの力があるといわれ、

エジプトをはじめとした周辺地域では、
砕いた粉で壁画を描いて護符としたそうです。

西洋ではラピスラズリの粉末を用いて作った顔料を、
「ウルトラマリン」と呼び、多くの画家に愛されてきました。


オランダの画家、ヨハネス・フェルメール。

代表作 「真珠の耳飾の少女」 (青いターバンの少女)の青いターバンも、
ウルトラマリンによって描かれています。


スタジオジブリ製作の映画、「耳をすませば」 では、
主人公 雫の書いた物語の中の、猫の伯爵 バロンが

「ラピスラズリの鉱脈を探す旅に」 というシーンでも登場します。


○o.。石言葉.。o○

「幸運をもたらす」石として、
紀元前5,000年頃からエジプトを初め、インド、中国などで特別な力を持つ石として
大切にされてきました。

また、真実を見通す「第三の目」を開き、
優れた知性と創造性を引き出す力があるとされています。


登録アイテム数: 55件
  説明付き一覧    写真のみ一覧
ラピスラズリ
ラピスラズリ
ラピスラズリ
ラピスラズリ
ラピスラズリ
ラピスラズリ
ラピスラズリ
ラピスラズリ
ラピスラズリ
ラピスラズリ
ラピスラズリ
ラピスラズリ
ラピスラズリ
ラピスラズリ
ラピスラズリ
ラピスラズリ
ラピスラズリ
ラピスラズリ
ラピスラズリ
ラピスラズリ
ラピスラズリ
ラピスラズリ
ラピスラズリ
ラピスラズリ
ラピスラズリ
ラピスラズリ
ラピスラズリ
ラピスラズリ
ラピスラズリ
ラピスラズリ
ラピスラズリ
ラピスラズリ
ラピスラズリ
ラピスラズリ
ラピスラズリ
ラピスラズリ
ラピスラズリ
ラピスラズリ
ラピスラズリ
ラピスラズリ
ラピスラズリ
ラピスラズリ
ラピスラズリ
ラピスラズリ
ご予約品 ラピスラズリ
ラピスラズリ
ラピスラズリ
ラピスラズリ
ラピスラズリ
ラピスラズリ
ラピスラズリ
ラピスラズリ
ラピスラズリ
ラピスラズリ
ラピスラズリ
  説明付き一覧    写真のみ一覧
  Powered by おちゃのこネット
ホームページ作成とショッピングカート付きネットショップ開業サービス